二次会にはどんな服装で行けばいいの?

二次会で盛り上がる女性たち

結婚の二次会に招待された場合、どのような服装や髪形で参加すればいいのか迷いますよね。二次会とはいってもカジュアルすぎるとマナー違反になります。

招待状には平服とよく書かれていますが、平服=普段着ではありません。平服とは略礼装といってフォーマルまでいかなくても、すこしかしこまった服装ということです。

少し高級なレストランやホテルに行くような服装というと想像しやすいですね。

女性の場合

季節感のある華やかなワンピースやスーツがいいですね。それに合わせてパールの小物やパーティバッグを選ぶと華やかになります。

ワンピースの素材も綿ではなく、サテン生地などのつるつるしたほうが華やいで見えますよ。夏だとシフォンなどの薄めの素材を選ぶことで季節感が出ていいですね。

肌の露出が多いとマナー違反になるので必ずはおりものを着るようにしましょう。ボレロ、ジャケット、ショールなどワンピースに合わせて選びましょう。

ストッキングは原則肌色で、オープントゥやサンダルはNGです。披露宴よりカジュアルになるからといっても、生足や網タイツはNGです。

レストランでも生足はマナー違反になるので基本マナーとして覚えておきましょう。ヒールのあるパンプスがいいですね。ドレスやワンピースに合わせた色を選ぶとお洒落に見えます。

また白は新婦の色ですのでブラウスでも避けましょう。

おすすめのヘアアレンジ

ヘアスタイルはアップスタイルの方が二次会の場にふさわしいですね。ショートヘアの方でも美容院に行ってセットしたり、ヘアアクセサリーをつけましょう。

生花のコサージュや髪飾りは新婦の特権なのでNGです。新婦より目立つ派手なティアラなどもよくありません。

気を付けたいNGな装飾品

ファー素材のものはゴージャスに見えてよいと思われがちですが、お祝いの場では避けましょう。また革のバッグなどもふさわしくありません。

ブラックパールも不祝儀に使用するものなのでNGです。黒のコサージュも避けましょう。二次会の雰囲気に合わせた服装を選び、新郎新婦を祝福する気持ちを大事にして二次会に列席しましょう。

二次会に招待された時の服装や装飾品について